水没状態の漁船発見 福島・新地(河北新報)

 福島県内では1日未明、80センチの津波が確認された相馬市の北隣の新地町で、釣師浜漁港に停泊中の小型漁船が、船首から前半分が水没した状態で見つかった。

 町総務課などによると、船は相馬双葉漁協新地支部所属の刺し網漁船で、2月28日午後6時ごろから漁港に停泊していた。町は津波による潮位の変化によって、船体の後部が岸壁に引っ掛かり、船首部分が水没したと推測している。

 このほか、同県内では浪江町の請戸港付近の道路などが冠水したが、被害はなかった。


<敦賀原発>1号機の6年間運転延長了承へ 福井県知事ら(毎日新聞)
<長崎知事選大敗>「政治とカネ」影響 閣僚から発言相次ぐ(毎日新聞)
沖縄で震度5弱(時事通信)
授業中に将棋を指し、注意されて教諭殴る 容疑の中2男子逮捕(産経新聞)
「エヴァ」限定携帯、競売で詐取の夫婦逮捕(産経新聞)
[PR]
by 8xombi6y0s | 2010-03-02 15:09
<< 中曽根元首相「世界遺産実現した... 1月の自殺者、7.2%減=5カ... >>