反捕鯨団体が液体入りの瓶=船員3人、顔に痛み−南極海(時事通信)

 水産庁に入った連絡によると、米国の反捕鯨団体「シー・シェパード(SS)」が日本時間11日午後から12日未明にかけ、南極海で調査捕鯨を行っている日本の船団に妨害活動を行った。調査船「第2昭南丸」に刺激臭の強い液体が入った瓶が投げ込まれ、顔に液体を浴びた船員3人が肌の痛みを訴えている。今年の調査捕鯨で、船員に被害が出たのは初めて。
 赤松広隆農林水産相は12日の閣議後会見で、「大きな怒りを感じる」と強く非難。その上で、SSの活動拠点であるオーストラリアや船籍国であるオランダなど関係諸国に、再発防止策を取るよう改めて申し入れたことを明らかにした。 

【関連ニュース】
【動画】シー・シェパード妨害船と衝突=日本船、けが人なし
〔写真特集〕調査捕鯨
捕鯨妨害船が異常接近=水産庁
反捕鯨団体、2隻で妨害=日本船団を南極海で
反捕鯨団体がまた調査妨害=予防船と接触

過失致死容疑 マイケル専属医を訴追(産経新聞)
接種率見て経過措置の議論再開を―日本脳炎小委(医療介護CBニュース)
将棋 久保が逃げ切り、2勝目…王将戦・第3局(毎日新聞)
漁船の船長2人逮捕へ=位置情報切った疑い−海保(時事通信)
95億円!「歩く男」最高額で落札(読売新聞)
[PR]
by 8xombi6y0s | 2010-02-12 21:51
<< 「無料全文公開」で10万部突破... 陸自演習場で射撃訓練中に火災、... >>